虫歯になる前にリスクコントロール。虫歯診断装置の紹介。

虫歯は知らないうちに進行します。痛みが出てきたときには大きく歯を削らないといけないこともあります。虫歯が進行してしまう前に見えない虫歯を確実に把握することは、歯科医療における重要な課題と言えます。しかし、まだ痛くない虫歯の初期段階をレントゲンや深針で診査するには限界があります。当院では、虫歯の早期発見・早期治療のため虫歯診断装置(ダイアグノデント)を導入しております。ダイアグノデントは判断が困難な、あるいは発見が不可能な、初期むし歯を早期の段階で診断することを可能にしました。数値は機械の当て方などによっても変わってくる可能性はありますが、ダイアグノデントは歯科医師でも発見が困難な、歯の表面下にある小さな虫歯の進行管理に威力を発揮します。

小さなお子様でも早期に虫歯が発見できれば、あまり痛みを感じず治療することができます。当院では、お子様の治療前には必ずダイアグノデントを使用し治療を行っております。

『虫歯がありそう』、『歯の一部が白っぽい』と感じたら当院へご相談ください。

ダイアグノデントはドイツ製のレーザー機器です。

ダイアグノデントで虫歯の検査をしているところです。

カテゴリー: 機器紹介, 歯科診療日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

    ページの先頭に戻る