歯科用顕微鏡の紹介

従来の歯の治療は、肉眼で確認しながら狭いお口の中をまさに手探りの状態で行います。それでは、精密でしっかりした治療が行いにくい場合が少なからずありました。当院では、開院時より歯科用顕微鏡を導入し、患者さまの大切な歯を常に最善の処置ができるように治療をおこなっております。

顕微鏡を用いると、ムシ歯などの治療部位を4~24倍に拡大しながら精密に治療をおこなう事ができます。虫歯以外にも、根管治療(根の治療)、歯周病治療、審美歯科治療、インプラントなどの繊細な治療にも使用しております。日本の歯科医院における顕微鏡の普及率は1%で、まだ十分だとは言えません。顕微鏡による治療を希望される方は、当院までご相談下さい。

最新の歯科用顕微鏡です。顕微鏡は天井に固定しており、当院では2台用意しております。

 

 

実際の治療中(根管治療中)の写真です。画像はあまり鮮明ではありませんが、実際には根の先まではっきりと見ることができます。顕微鏡を使うと、根の中の汚れを取り残すことがありません。

カテゴリー: 機器紹介, 歯科診療日記   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

    ページの先頭に戻る