大阪SJCD主催の勉強会に出席

2月1日、大分県歯科医師会主催の学術講演会終了後、翌日に大阪で行われる勉強会に参加する為、急いで西大分港へ。今回はゆっくり大阪に向かうため船で行くことにしました。港で一緒に勉強会に参加する後輩の先生と合流。船の食堂でささやかながら宴会をはじめ、船旅を楽しみました。

午前8時、大阪に到着。勉強会は午後のため、少し大阪を楽しもうと新世界に行ってきました。皆さまも御存知と思いますが、新世界には大阪で有名な通天閣があります。少し早い昼食を食べようと、これまた大阪で有名な串カツ屋へ。てんぐという店に行きました。新世界でも3本の指に入るくらい有名な串カツ屋さんらしいです。串カツだけでなく、どて焼きも堪能しました。とてもおいしかったです。

私が入ったお店ではないですが、開店早々、行列が出来ているお店を発見。そのお店の看板には二度漬け禁止の文字が・・・

昼食後、勉強会がある大阪国際会議場へ。勉強会の内容は歯科用顕微鏡を使ってのインプラントや歯周病治療の最前線の話しでした。講師はアメリカの歯科医師のなシュネリック先生。アメリカの歯科界でもとても有名な先生で、顕微鏡を使った歯科治療のパイオニアです。とてもすばらしい講演内容で感激しました。顕微鏡を使った歯科治療の精密さを改めて再認識させて頂きました。当院にも顕微鏡が2台設置しておりますが、まだまだ使いこなせていないと反省させられました。

講演会終了後は、そのまま船で大分にトンボ帰りしました。今朝、大分についてそのまま診療所へ。大変疲れました。今後も、スキルアップのため頑張っていきます。

 

カテゴリー: お知らせ, 医院紹介ブログ, 未分類, 歯科診療日記, 診療案内   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

    ページの先頭に戻る