安心に、安全に治療を受けていただくために

安心に、安全に治療を受けていただくために

医療において大切なことは、安心安全に治療を受けられる環境です。当院では患者様に安心して治療を受けていただくために、専門のスタッフが使用した器具類はしっかりと消毒・滅菌をしておりますので、どうぞご安心ください。

あなたがもし歯医者さんだったら、最近やウイルスに感染している可能性がある器具で、大切な家族の歯を治療できますか?当院は、来院していただくみなさんを「大切な家族」だと思い、安心・安全な治療を受けていただきたいという想いから、消毒・滅菌をはじめとする院内感染予防に力を入れています。患者さんのお口に一度入った器具は、院内感染の経路を断つために、患者さんごとに消毒・滅菌、または可能な限りのディスポーザル(使い捨て)製品を利用しています。

歯科治療で使用する器具の消毒・滅菌が一部十分でないため、院内感染する病気が多いことが指摘されています。血液や唾液中にさまざまな最近やウイルスが潜んでいることは、みなさんご存知だと思います。歯科医院はその血液や唾液を伴う処置が多いことから、院内感染のリスクが高いと言われており、器具の消毒・滅菌が大事とされています。しかし、歯科医院で扱う器具機材は多種多様で、患者さん一人一人使用する物が違い、すべての器具を清潔に保ことはとても大変な事です。また、特殊な器具(ハンドピースなどの精密機器)に対する滅菌、使い捨て用品の保管と管理、営利な器具に対する十分な洗浄作業など、多くの手間と、それに伴う莫大な費用が必要です。そのため、消毒・滅菌を十分に行っている歯科医院は少ないのです。それでも患者さんのために、設備投資・院内整備をし、こだわりを持って消毒・滅菌をしています。

当院ではこのようなことに気をつけています

滅菌器等で滅菌するのは非常に時間がかかります。そのため、滅菌サイクルには十分注意しなければなりません。当院では、患者さんが多い場合でも確実に滅菌できるように、複数台の滅菌器を準備しています。

削るバーやお口に入る器具は患者さんごとに消毒・滅菌をしているため、
使用しないものはテーブルの上になるべく置かないようにしています。

滅菌が終わった器具は滅菌トレーで保管しています。

特に重要!
歯を削るドリルは精密機器のため滅菌すると寿命が短くなりますが、
感染防止のため患者さんごとに滅菌しています。

診療は必ずグローブを付けて行います。
患者さんのお口の中を触りますので、
もちろんグローブも患者さんごとに使い捨てをしています。

使い捨てができる物は出来る限り
使い捨てを使用することを心がけています。

血液や唾液は広範囲に飛び散っているので、目に見えない場合でも次の患者さんのために、清潔な状態を保つことが必要だと考えます。


ページの先頭に戻る